横浜出前落語会 会員からの情報発信のページです!

2018年5月9日水曜日

横浜出前落語会主催 第1回「ふれあい寄席」開催される

      

                           横浜出前落語会会長 極楽亭 とんぼ

  横浜出前落語会主催による第1回 「ふれあい寄席」 が昨日の5月6日(日)13時より旭区の二俣川駅ビル5階 サンハート・ホール にて開催されました。幸い好天気にも恵まれ、キャスト、スタッフ一同定刻の9時に会場に集合し、会場職員さんによる舞台作りを始まりとした、照明、音響等の指導のもとに行い、湊家酔平舞台監督さんによる演出で舞台稽古行い、本番さながらの出入りや立ち位置、道具の配置、各担当者の役割等が何度も行われました。 開演1時間前総勢23名で記念の集合写真の撮影を行い、それぞれの役割に依るスタンスで開演を待ちました。お客様方は、会場前の12時ごろより早くも三々五々お集まりになり、12時30分の開場を少し繰り上げて入場して頂きました。 中には、事前に電話によるご予約を頂いた団体もあり、予め椅子席に 「ご予約席」 の貼り紙を貼リ対応させて頂きました。13時、西原マネージャーの挨拶に続いて金子会長の挨拶の後、「やーる―ず」 の皆さんに依る沖縄民謡の歌と踊りで賑やかに開演しました。 次に湊家酔平さんの落語 「権助魚」 の後同人に依リ 「かっぽれ」 をひと踊り。 続いて湊家小鉄さんの落語 「たらちね」。 初参加の佐藤勝紀さんの 「大道芸」 で場内を沸かせ。 中入り前は湊家波馬さんによる落語 「紙入れ」 が演じられ 「中入り」 となりました。 10分間の休憩後、極楽亭とんぼに依る落語 「青菜」 に続いて小谷野博さんと、アシスタントのみたらし団子さんによる 「マジック」 が有り。 大取リの湊家恋路さんの落語「紺屋高尾」 で定刻に打ち出しとなりました。観客動員数数は152名と予想された最小限度の人数は確保され一安心しました。 第1回目である事と、ゴールデンウイーク最終日であった事を懸案するとまずまずの事と思われます。今回の開催に際してスタッフとして、受付、照明、音響、記録撮影、その他として 「縁の下の力持ち」を担ってくれた皆さんに厚く御礼申し上げます。 数々の反省すべき事柄を吸収消化して、第2回開催時の糧としたいと思います。

 【写真は開演前の関係者一同の記念写真です】

 
 

2018年5月2日水曜日

今年のゴールデン・ウイーク

 今年のゴールデン・ウイークは、なんといっても5月6日(日)旭サンハートにて開催される、横浜出前落語会主催の第1回 「ふれあい寄席」 の成功が全てです。
  相鉄沿線にお住いの知り合いに、片っ端じから電話やメールでご案内をしていますが、何人の方が見えられるか少々不安です。 只々、盛会を祈るばかりです。
  さて、ゴールデン・ウイーク初日の4月28日(土)には、中区山手に有る 「イギリス館」1階の音楽ホールにて開催された 「音楽を楽しむ会」 に家内と共に出かけました。仕事関係で知り合いになった方が出演され、ピアノ・フルート・サックス・マンドリン・クラリネット・ギターの演奏の他、声楽の出演もあリ、家庭的な雰囲気の中にも、格調高い演奏会でした。 参加者は満員の80名を遥かに超えて、空席待ちの方も廊下に大勢おられました。
  小生の知り合いは、アルトサックスを演奏され、その恵まれた体格を利して力強いメロディーを聞かせてくれました。 落語と違って音が大きくなるので、練習に苦労されると伺いました。 その上に、ソロ演奏の他に、アンサンブルとなると全員のスケジュールや会場の確保が大変であるとも伺いました。 それに付けても、数々の困難を乗り越えて素晴らしい演奏を聞かせて下された皆様方には只々頭が下がる思いです。
  素晴らしい演奏をお聞かせ下さいまして誠に有難うございました。

 
                                                         極楽亭 とんぼ
 
 
 

2018年4月25日水曜日

チャリティにしぶんか寄席に出演します

 

平成30年6月3日(日)13時~西公会堂にて、横浜出前落語会会員の小鉄、酔平、波馬、横浜サウンドストリーム、恋路が出演しますので、皆様方のご来場をお待ちしております。

2018年4月21日土曜日

 「集客活動」 してまぁ~す!!

 先日地元の三渓園・鶴翔閣・茶の間棟にて開催された "お花見鑑賞会"に出席しました。 以前より業務関係でお付き合いのある、不動産会社の社長が主宰されている地元の異業種交流会であり、私は今回が初参加でした。新人と云う事で、「落語か小咄でもやって下さい」 と言われたのですが、高座の用意も無かったので。 立ったまま自己紹介をさせてもらいました。 「私は昭和14年生まれで78歳になります。 押しも押されもしない後期高齢者ですが、他の後期高齢者の皆様方とは少し違います。 その違いは、私の場合は"光輝香麗者" なのです。 ですから、そばへお寄り頂ければ香しい香りがます。あっ!!、でも今日は駄目です、何故なら昨日インド料理を食べたので "カレイシュウ" がします」 皆様方の笑いのを頂いて自己紹介を終えました。

その後、参加者19名の皆様方に一人ひとり 「横浜出前落語会」 の名刺を持ってご挨拶をさせて頂きました。 早速、会に付いての具体的なお尋ねも伺えました。それぞれの方が、それなりの立場の方ばかりなのでいずれご注文を頂けるものと期待しています。

  今回のアトラクションは、三味線が二竿入り、奇麗処の美声に依る小唄・端唄・都々逸に聞き惚れつつお開きとなりました。

                 

                                                                                      極楽亭 とんぼ

 

 


2018年4月8日日曜日

今季初の野球観戦

 

 4月5日の対阪神戦をネット裏中段のとても見やすい席で観戦しました。先日、A氏よりお誘いの電話を頂き慶び勇んで球場に出向きました。A氏とは、小生が「市民ミュージカル」に参加していた時に、お嬢様と共演したのがご縁で、以来、家族ぐるみのお付き合いをさせて頂いています。共に、ベイスターズの大ファンなので、大いに盛り上がりましたが、肝心のゲームは、ドラフト1位の新人選手である東投手の好投を見殺しにする不甲斐ない打線で、0-2のスコアで惜敗し、泣く泣く家路に付きました。残念!無念!!次こそ勝ぞっ!!!

 

 「野球観戦と掛けて、宝くじと解きます。その心は、タマに当たる事もあるでしょう」

 
 
                                         極楽亭 とんぼ

2018年3月28日水曜日

今年のお花見

 
 
 皆さんは、今年はどちらへお花見に出掛けられましたか? 私は、去る27日の日曜日に孫娘と家内に誘われて、保土ヶ谷区の「狩場町児童公園」に行ってまいりました。

ここを選んだのは、今年48才になる息子が生まれた時に、横浜市緑政局の募集で「誕生記念植樹」をこちらにしたからです。 当時は、直径3センチぐらいであった桜の幹も、今では40センチとなり、5分咲きの奇麗な花を咲かせていました。        こちらの公園は、その名のとおり子供たちを対象とした中規模の公園であり、ゴミ焼却所の余熱を利用した温水プールや、温室植物園なども有ります。 然し桜の木は、200本位と少ない為に花見客は多くなく、人込みや、宴会の酔っぱらいも見かけない静かな落ち着いた ‟お花見" を望まれる方には格好の穴場的存在です。 頂上の広場で持参の昼食を食べましたが、桜の木の枝から枝へリスが飛び回る様や、みなとみらい地区が一望でき、正に貸切状態でした。 園内には、菜の花と桜をコラボレーションした見どころもあり。 のんびりした休日を満喫して家路に付きました。

「お花見と掛けて、読みかけの推理小説と解く、その心は、どちらも サキ が気になります」 

 

                                              極楽亭 とんぼ

 
 
 

2018年3月18日日曜日

「卒業式に出席して」

  3月17日土曜日に、母校である横浜市立大鳥小学校の"第98回 卒業証書授与式"に出席した。過日、学校より 「元PTA会長」 並びに 「元本郷町第一町内会会長」 として招待状が届いていた。  当日は、幸い好天気に恵まれ、晴れ姿の85名の卒業生が一人ひとり、校長先生より壇上にて卒業証書を手渡された後、在校生や諸先生方、保護者や来賓に向かって、学校生活の思い出や、将来の希望などを大きな声で語った。
   月並みな、バレーボール、野球、サッカーの選手の他に "ロケットの操縦士" "ユーチューバー"なども飛び出して、今どきの子供の夢が語られた。その後、校長先生、PTA会長の挨拶に続いて来賓の紹介が有り、殆んどの方は、卒業生と保護者に対して 「卒業おめでとうございます」 と短いコメント述べ着席された。 小生の番になった時、起立するや以下の様な言葉を発した。 「卒業生の皆さんと掛けて、二打席連続満塁ホームランと解く、その心は、ハッテン間違いないでしょう。 卒業おめでとうございます!!」 会場からは期せずしてして拍手が起こり、今まで緊迫していた会場の空気が一気になごやんだ。
   卒業式に先立ち、2月20日行われた、卒業生と学校に関係する全て方々とのお別れの会 「羽ばたきますの会」 でも小生は、生徒たちの要望もあり、以下の様な謎掛けをプレゼントした。「卒業生の皆さんと掛けて、平昌オリンピックで銅メダルに輝いた高梨沙羅選手と解く、その心は、どちらもチュウに向かって飛び立って行くでしょう」 それに付け加えて、「時期が時期なので、これが本当のジジイネタです」 と述べ大爆笑を頂きました。 今から来年の卒業式が楽しみです。


                                                                                                 極楽亭 とんぼ